【コピペOK】【Simplicity版】「404」ページをカスタムしよう!SEO・アドセンス停止対策にも

先日、メインブログの「コビトブログ」で、コチラ(↓)の記事を書きました。

【コピペOK】ページが見つかりません・・・「404」ページをカスタムしよう!SEO・アドセンス停止対策にも
「404」ページというものを、ご存知でしょうか? ブログ運営をしていると、実は、ある一定のアクセスが発生してし…

とても好評だったようで、お礼のメッセージも頂き、すごく嬉しかったです(*’▽’)♪

そんな中で、Simplicity」用の「カスタム404ページも作ってほしい!というお声も頂いたので、早速取り掛かってみました。

もちろん、こちらも「コピペ」で使用できます!

スポンサーリンク

ページが見つかりません・・・404ページとは?

404」ページとは、アクセスしたページが見つからない場合に、表示されるエラーページのことです。どういった場合に表示されるかや、なぜSEO・アドセンス対策になるか等、詳しくは、前述のこの記事(↓)に書いてありますので、ぜひ一読を。

【コピペOK】ページが見つかりません・・・「404」ページをカスタムしよう!SEO・アドセンス停止対策にも
「404」ページというものを、ご存知でしょうか? ブログ運営をしていると、実は、ある一定のアクセスが発生してし…

404ページをカスタマイズすると、こんなに違う!

コチラ(↑)が、「Simplicity」標準の「404ページ」です。画像を表示してくれるのは嬉しいですが、すこし素っ気ないですよね。

コチラ(↓)のような表示だと、いかがでしょう?これは、当ブログの「404」ページです。

実際のページはコチラ

まったく印象が違うと思います。これなら、探していたページが見つからなかったとしても、他の記事やブログに、興味をもってもらえるかもしれませんね。

それでは、早速「Simplicity」用の「カスタム404ページ」の作り方を、ご紹介します。

カスタム404ページの作り方

1.「404.php」ファイルを、「子テーマ」側に複製する

Simplicityをご利用の場合、「public_html」→「wp-content」→「themes」→「simplicity2」内に、「404.php」ファイルがあります。

親テーマを編集してしまうと、設定が消えてしまうおそれがある等、デメリットが大きいです。そのため「子テーマ」側の「simplicity2-child」フォルダ内に複製し、編集します。

詳しいやり方は、コチラ(↓)の記事を参照ください。

【必読】親テーマにしか存在しないファイルを、子テーマで編集する方法
以前、Google AdSense(グーグルアドセンス)に関する記事を、ご案内させて頂きました。 その中の1つ…

2.「404.php」ファイルを、カスタマイズする

WordPressのダッシュボードで、「外観」→「テーマの編集」から子テーマ「simplicity2-child」を選択し、先ほど複製した「404.php」ファイルをクリックして、編集します。しかし、phpやcssに自信の無い方は、なかなか難しいと思います。

そこで、当ブログで使っているページの、テンプレートをご用意しました!

(↑)を「404.php」ファイルにコピペして、お使いください。

「(あなたのブログの名前)(表示したい画像のアドレス)(問合せフォームのID)」の3ヶ所を編集すれば、同様のページをすぐに設置できます。

ただ、注意点があります。

【注意点】以下のプラグインを、前提としています

  •  「WordPress Popular Posts」
  •  「Contact Form 7」

また、CSSカスタマイズをされている方は、うまく表示されない項目があるかもしれませんので、ご注意ください。「WordPress Popular Posts」「Contact Form 7」プラグインは、とても便利なので、この機会に是非インストールしてみてくださいね。

「WordPress Popular Posts」で、人気記事ランキングを、パッと作成!
ブログのサイドバーでよく見る、こんな「人気記事ランキング」(↓)ありますよね。   訪れた方に、他の…
「Contact Form 7」で、便利な問合せフォームを、サクッと作る!(スパム対策も)
ブログを作る時、まず準備しておきたいのが、「問合せフォーム」です。 しかし、問合せ用のフォームを、イチから作成…

まとめ

テンプレートを使えば、404ページが、簡単に見違えると思います。

このような細かい配慮が、ブログ運営には欠かせないと思うので、是非カスタマイズしてくださいね。ファイル複製など、わからないところがあれば、気軽にご質問ください!

また、Simplicityの場合、WordPressのダッシュボードで「外観」→「ウィジェット」から、「404ページ」用にウィジェットを設置することもできます。

こちらから、必要なコンテンツを追加してみるのも良いですね!(ただし、メインカラムにウィジェットを使うと、表示が崩れる場合もあるので、ご注意を)

狐火兎
もちろん上のテンプレートは、あくまで当ブログの使用例なので、文や項目は好きに変えてください!カスタマイズして、あなたのオリジナルの「404」ページを作ってみて下さいね!