1969年、人類は「アポロ計画」により、初めて月面を歩いた・・・

この話を耳にしたことがある方は、多いと思います。しかし、あれから48年・・・・、2度めの月面着陸に成功した、との話はありません。その理由は、何故なのか、本日おもしろい見解を見つけました。

そもそも「月面着陸」は真実だったのか・・・その疑惑も含めて、ご紹介したいと思います。

 

SPONSORED LINK

人類が月に「40年以上行っていない」理由

それは「アポロ計画の功罪」だった?

1969年、人類は初めて月面を歩いた。しかし、その3年後のアポロ17号の打ち上げ以来、有人月面着陸は行われていない。一体その理由とは? 質問サイト「Quora」に寄せられた質問に、SF作家のC・スチュアート・ハードウィックが回答した。

なぜ私たちは40年以上、月に行っていないのか? そのわけは、実に莫大な費用がかかるから、そして行かなければならない実用的な理由がないからです。

引用元:Forbes「人類が月に「40年以上行っていない」理由 アポロ計画の功罪」

 

この記事の中では、「月面に人類初の足跡を残すための事業に、約50万の人力と、世界一豊かな国家の軍事力と産業力が投入された」と言われています。つまり、そこまでお金をかけてでも、「アメリカの大偉業」として、歴史に名を遺すことに、執念とお金が懸けられていた、というわけですね。

 

なぜもう一度行けないのか」の答えは「お金がないから」である。1960年代、アメリカがアポロに使った金は250億ドル、1ドル360円の時代、日本円でざっと9兆円、当時の物価は今より安かったから、今やるとなったら何10兆円になるかもしれない。

引用元:MAG2NEWS「陰謀論「アポロ11号は月には行ってない」を中学生があっさり論破」

 

日本の今年(平成28年度)の、税収で「約58兆円」(参照)。

なので、「何10兆円」となると、税収のほとんどを使い果たす気で、挑戦しないとならないレベルです。これは確かに、実現しづらい額ですね。

 

そもそも「月面着陸」したって、本当?

「人類が月に行ったのは、真実か?」「アポロ計画の陰謀論」という話も、昔からアツく議論されています。

事実、アメリカが大金を投入してまで、「アポロ計画」を実行した背景には、ソ連との開発競争や、威厳争いがあったとも、言われているため、「ねつ造」したのでは?と疑う方も多いようです。

その数々の疑惑については、コチラ(↓)に、わかりやすく掲載されていたので、参考にしてみてくださいね。

 

  • アメリカ人の20パーセントは、月着陸について疑いを持っている?
  • アポロでの月面の足跡は、映画「カプリコン・ワン」に出てくるものとそっくり!
  • アポロの写真には星が全然写っていない!
  • ロケット噴射でできるはずのクレーターがない!

引用元:月探査情報ステーション「第三話 人類は月へ行っていない!?」

 

 

また、上記の疑惑について、最新のCG・グラフィック技術を用いて、検証してみた内容も、すごく面白いです。(↓)

 

一部で捏造説が唱えられる「アポロ11号」の有名な月面着陸写真。NVIDIA社は、最新コンピューターグラフィックス技術を使って光の当たり方を再現し、捏造でないことを証明した。

引用元:WIRED「アポロ11号の「月面着陸は事実」:NVIDIA社が最新GPU技術で証明」

 

 

まとめ

月面と言えば、漫画や映画で登場する「月面基地」や、地球からは見ることができない「月の裏側」など、宇宙・SF好きには、たまらないテーマの1つ。

人類が月面に行ったのか、再びまた着陸できるのか、真相・未来は定かではありませんが、夢が膨らみますね!

 

ちなみに、ガンダム好きな僕の友人いわく、

「え?2045年には、宇宙世紀が始まって、「コロニー」の建築が始まるよ?」

だそうです。あと28年!宇宙開発がんばってくれー!(*'▽')

 

コチラもおすすめです

 BMWがレゴを本物に!空飛ぶバイク「Hover Ride」

科学雑誌「Newton(ニュートン)」が、自力再建断念!

 

関連キーワード
その他の関連記事
  • 有名科学者らが語る「21世紀で世界が終わる確率50%」
  • どれだけ寝ても、いつも疲れが取れない理由とは?
  • 人類が月に「もう1度行けない」理由 アポロ計画とは
  • 「コビトブログ2」が、本日より、リニューアルいたします
  • 科学雑誌「Newton(ニュートン)」が、自力再建断念!
  • 「ひとり情シス」IT業界の悲しい現実とは?

この記事が気に入ったら
いいねしよう

狐火兎をフォロー

おすすめの記事